So-net無料ブログ作成

アダム・ランバート、圧巻のパフォーマンス

写真拡大 3月15日(月)、西麻布のクラブelevenにアダム・ランバートが降臨した。総応募数1万人を超えた中から抽選で選ばれたラッキーな200人と関係者でむせ返る会場の中、「最高のコスチュームでみんなをエンターテインしたい!」と、超巨大スタッズが肩と足に埋め込まれたスーパー・グラムなコスチュームでステージに登場。手を伸ばせば届きそうな距離のステージにアダムが上がると、彼の登場を心待ちにしていたファンの大歓声とともに、会場は一気に大騒然となった。まずは先行して行なわれた「なりきりアダム・コンテスト」の写真コンテストから勝ち進んだ15名が登場し「なりきりアダム」決勝戦が行なわれた。3歳から9歳までのキッズを含め、それぞれが思い思いのファンションとグラム・メイクで登場し、歌唱やダンス、ギターを弾くなどしてアダムにそれぞれの熱い思いをアピール。メイン審査委員を務めたアダムも「みんなそれぞれに本当に最高だったよ」と大喜び。続いて行なわれた待望のライヴ・パフォーマンスでは、セクシー・ダンサーを従え、大ヒット中のファースト・シングル「フォー・ユア・エンターテイメント」と、アダムも敬愛するレディー・ガガによる楽曲「フィーヴァー」の2曲を、天をも揺るがすハイ・トーン・ヴォイスで歌いあげオーディエンスを圧倒。2曲だけのパフォーマンスではあったものの、圧巻の歌唱力と見せることを熟知したステージングは、規格外の名に恥じないトップ・エンターテイナーのクオリティをまざまざと見せ付けてくれた。「僕をアメリカン・アイドル出演時からずっとサポートしてくれている日本のファンのみんなの前で、ようやくはじめてパフォーマンスができて本当にうれしかったし、今日は本当に楽しかったよ。また早く日本にツアーで戻ってきて、もっと多くの人に僕のパフォーマンスを見てもらいたいと思っているよ」と熱っぽく語り、再び日本に戻ってくることを強く誓った。クラブelevenという非常に小さいステージであろうとも、そしてきっとスタジアム級のステージであろうとも、オーディエンスを沸かせ存分に堪能させてくれるアダムのテンターテイメントは、何よりもキラキラと輝きなまめかしくセクシーに興奮を刻み込んでくれることだろう。さっそく次の来日が楽しみになった。◆アダム・ランバート・オフィシャルサイト

自演乙が小比類巻に引導渡す…27日K―1MAX

 アニメおたくのコスプレK―1ファイター長島☆自演乙☆雄一郎(25)=魁塾=が15日、都内のジムでK―1ワールドMAX70キロ以下日本代表決定トーナメント(27日・さいたまコミュニティアリーナ)へ向け練習を公開した。 プライドが傷ついた。アニメ「エンジェルビーツ」の主人公のコスチュームで登場した長島の顔が険しくなったのは、初戦で対戦する小比類巻太信(32)=BRAVI RAGAZZI=の「(長島は)生理的に嫌い」という話を聞いたときだ。「精神的にショック。一時はあこがれていた人なのに。でも、生理的に受け付けないヤツに負けたら引退しかないでしょ」と昨年覇者に引導を渡すと誓った。 昨年12月、拠点を大阪から東京に移し、引退した魔裟斗がいたシルバーウルフジムで練習。「やるしかない。危機感はある」。優勝まで3試合。入場のために用意した3着のコスチュームをすべて着るつもりだ。 ◇カード追加、変更 リザーブファイトでプロボクシングWBA世界スーパーフライ級王者・名城信男=六島=の弟・裕司(26)=K NETWORK国士会館=が久保薗ルイス(27)=ブラジル=と対戦。今大会で引退する電通社員・大渡博之(33)=正道会館=の相手が内村洋次郎(25)=パンクラス/イングラム=に、松倉信太郎(18)=バンゲリングベイ・スピリット=の相手がYUUKI(18)=新空手・鷹虎ジム=に変更された。 【関連記事】城戸が亀田パンチ「まるパクリです」…27日 K―1MAXTATSUJI、打ち合い負けん…K―1ワールドMAX初参戦・中島、余裕の膝蹴りKO宣言…K―1ワールドMAXシュルト、挑戦者は同門ジマーマン…K―1コスプレ 、長島☆自演乙☆雄一郎 、さいたまコミュニティアリーナ を調べる

【注目ワードコラム】千原ジュニアが伝授する、渋滞回避の方法とは

交通量の多いエリアに渋滞はつきもの。一度は運転したことがある道でも、曜日や時間帯によって渋滞の度合いが著しく変化することもあり、目的地までの移動に思いのほか時間がかかってしまったということはないでしょうか。そんな渋滞の原因の一つとして考えられるのが、右折待ちの車両。交通量が多いものの右折待ちレーンが未設備という交差点では、右折車の後続車が次々と立ち往生してしまうことが慢性的な渋滞の原因となっています。また右折レーンのある交差点でも、右折専用の信号の点灯時間が短く、信号の目前まで進んでもなかなかその先に進めないというケースも。では、こうしたドライバーの悩みの種、右折渋滞を回避する方法はあるのでしょうか。知ってる?渋滞のメカニズム●千原ジュニア伝授「捨て左折」って実は、渋滞を回避する裏ワザがあるようです。フジテレビ系バラエティ番組『人志松本の○○な話』で千原ジュニア氏が紹介した「捨て左折」。これは、交差点を右折する際に混雑する右折レーンを避け、本来ならば右折するポイントで直進または左折して回り道をすると、右折をした場合よりも早く目的地にたどり着けるというもの。千原氏は「本当はあまり人には教えたくない」といいつつも、いくつかの「捨て左折」有効エリアを紹介していました。その一つが、渋谷の宮益坂上交差点。青山通りを赤坂から渋谷方面へ向かい、宮益坂上交差点で右折する際、右折信号の点灯時間が短い上に横断歩道を渡る人の数が多く、なかなか渡れず渋滞に巻き込まれてしまうことが多いのだそう。そこで有効なのが「捨て左折」。交差点手前を左折し、やや回り道することでストレスなく渋滞を切り抜けられるとのこと。実際に番組内で車2台を並行して走らせ、レース形式で検証を行ったところ「捨て左折」を行った車両の方が早くゴール地点に到着。裏ワザの有効性が実証されていました。●実は私も…「捨て左折」は常識?gooブログ検索で番組の反響を調べようと「捨て左折」で検索したところ、357件のブログがヒットし、話題にしている世代・性別は20代女性が最も多いことが明らかに。ブログでは「私もたまに使うテクニックだ」(社長ブログ)や、「車の運転が苦手な私、交通量の多いところでは捨て左折がデフォルトなのでした…」(Moonfaceの雑記帳)など、普段から運転時に「捨て左折」を取り入れているという声が多く聞かれました。文字通り「急がば回れ」の「捨て左折」。2005年の国道の事故危険不満度調査中間報告書によると、「交通事故の原因になるような危険要因」に関するアンケート項目の「渋滞によるイライラが事故の一因か」という質問では、21.5%が「非常にそう思う」、39.6%が「ややそう思う」と回答しています。事故を防止する意味でも、渋滞のイライラを解消するこの方法は有効といえるのかもしれませんね。(熊)渋滞の退屈解消にはやっぱりこれ! 車の中での暇つぶしといえば■関連記事気が進まない夫の実家へ帰省の攻略法マンネリ気味の休日プラン…解決策は?東京都民が住みたいと思う街は?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。